LPI認定試験情報
試験情報
今日の一題
運営について

問題の一覧
LPIC 202−「DNS」−「BIND8の基本設定」

 
問 題  

BIND9でネームサーバを運用している。IPアドレスが10.98.76.54のホストが信頼できないので、そのホストへはDNS問い合わせを一切行わないようにするには、named.confでどのように指定すればよいか?

  1. server 10.98.76.54 { bogus yes; };
  2. allow-recursion { !10.98.76.54; };
  3. blackhole { 10.98.76.54; };
  4. ignorehost { 10.98.76.54; };
  5. acl blacklist { 10.98.76.54; }; allow-query { !blacklist; };
解答

# dig @m.root.servers.net. ns
このコマンドを実行した結果の保存先ファイルとして適切なものはどれか?

  1. named.bootファイル
  2. named.rootファイル
  3. DNSSECの公開鍵ファイル
  4. DNSSECの秘密鍵ファイル
  5. DNSSECの共有鍵ファイル
解答

以下は/etc/named.confの一部である。下線部に設定すべきものは何か?

 allow-transfer { ___________________; };

  1. マスターサーバのIPアドレス
  2. スレーブサーバのIPアドレス
  3. 名前解決を受け付けるネットワークのIPアドレス
  4. 再帰的な問い合わせを受け付けるホストのIPアドレス
  5. ゾーンの委譲を行うネームサーバのIPアドレス
解答
 
ページ最上部へ ホームへ

     

リナックスアカデミー

Begi.net